眉下切開(眉下リフト)の特徴を詳しく紹介!

サイトマップ

TOP » フェイスリフトの種類 大全集! » 切るフェイスリフト編 » 眉下切開(眉下リフト)

切るフェイスリフト編

眉下切開
(眉下リフト)

上まぶたのたるみを解消できる手術

眉下切開法(眉下リフト)は、上まぶたのたるみを改善できる外科手術です。加齢とともに上まぶたがたるんできて二重ラインが狭くなってしまった方や、上まぶたが腫れぼったく、眠たそうや不機嫌そうに見られがちな方にもおすすめです。眉下のラインに沿ってメスを入れるため、気になる傷は眉毛に隠れ、思ったほど目立ちません。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

眉下切開(眉下リフト)の特徴は?

目の上のたるみをなくしてすっきり見せる

目元は年齢が出やすい場所です。加齢で上まぶたが垂れ下がってくると、一気に老け込んで見えます。また、目もとが腫れぼったいと、不機嫌そうに見えたり眠たそうに見られたりと、相手に持たれる印象が大きく変わります。上まぶたのたるみ解消におすすめなのが、眉下切開(眉下リフト)という切開治療です。眉の下のぎりぎりのラインを切開するため、眉毛に隠れて傷跡が目立ちにくいというのも大きなポイント。目の形を変える手術ではないため違和感が出にくく、整形バレしづらいことも特徴です。

眉下切開(眉下リフト)の一般的な施術の流れ

眉の下に切除する箇所を決めたらマーキングを行ない、上まぶたに局部麻酔を行なってから施術を開始します。皮膚の表面と脂肪を切除するのみで皮下組織の切除は基本的に行なわれないので、術後の腫れが少ないことが特徴です。

眉下切開(眉下リフト)
効果と持続時間

眉下切開(眉下リフト)には、主に加齢でたるんだ目元や腫れぼったい上まぶたをすっきりさせ、ぱっちりとした目元になれる効果があります。二重の方は、かぶさっていた皮膚が持ち上がるため、二重ラインが幅広くなるでしょう。眉下切開(眉下リフト)は約3割の皮膚を切り取る手術ですので、もし20〜 30代などの若い年齢で施術を受けたとしても、上まぶたがまた目立つほどにたるんでくることはほとんどないでしょう。

眉下切開(眉下リフト)
ダウンタイム

眉下切開(眉下リフト)後、上まぶたの腫れぼったい感じは1週間程度続きます。また術後は熱や痛みをともなうことがありますが、数日で治まります。眉下の切開部分は、内出血が出ることがありますが、3〜5日程度で治まってきます。傷跡も術後3か月ほどは赤みが残りますが、眉メイクなどで隠すことが可能です。手術は糸で皮膚を縫うため、約1週間後に抜糸が必要です。メイクは抜糸の翌日から行うことができます。

眉下切開(眉下リフト)
料金・費用相場

クリニックによって上下しますが、眉下切開(眉下リフト)の一般的な料金相場は30万円前後です。別途麻酔代や診察代等がプラスされる場合があります。

眉下切開(眉下リフト)
リスク・デメリット

眉と目の位置が近い人は、手術を受けるとますます距離が近くなってしまいます。眉下切開(眉下リフト)後は、傷周りの皮膚の感覚が数か月程度鈍くなることがあります。またまれに、眉毛の毛根にダメージを与えてしまった場合、そこから毛が生えてこなくなってしまうことがあります。皮膚を縫い縮める処理が適切でなかった場合、皮膚が寄れて縫合部が盛り上がってしまうこと(ドッグイヤー)があります。また、鼻根部や目尻にシワが増えることがあります。

眉下切開(眉下リフト)体験談口コミ・評判

二重まぶたが取り戻せて嬉しい♪

目の上のたるみが年々ひどくなり、目が大きく開かない感覚は自覚症状でもありました。そこで眉下切開という方法があるのを知りトライしてみました。手術を受けるまで、上まぶたの厚みのおかげで一重状態だったのですが、昔のようなくっきりとした二重に戻ることができ、嬉しいです!

腫れぼったい目つきがぱっちりに!

小さい時から腫れぼったいまぶたと、それによって目つきが悪く見られるのが気になっていたので、成人した時に、上まぶたの眉の下を除去する眉下リフトを受けました。手術後は目がしっかりと開くので、モノも良く見えるし、顔の印象もだいぶ変わり、初対面でも相手に悪い印象を与えなくなりました。

顔全体が明るい印象に変化!

普通にしていてもどこか怒っているような印象を与えていた自分の顔ですが、その原因は目もとにあると感じ、思い切って眉下切開をしてみることにしました。切開跡が残ることだけ不安でしたが、眉の下の傷は目立たず、杞憂におわりました。家族にも「顔つきが優しくなった」と言われ、自分でも笑顔が増えたと思います。

目もとは重要だと実感

上まぶたが重く厚みがあるのが気になっていたので眉下リフトを行ないました。目の形をいじるわけではないのに、目が大きく見え、はつらつと明るい顔になったと思います。顔の中でも目もとの印象を変えるだけで全体の印象も大きく変わることを実感し、悩んでいないでもっと早くすればよかったと思いました。

思い通りではない仕上がり

麻酔を使用しての手術は生まれて初めてなので、前日から不安でした。手術自体は麻酔もあり、痛みも無く終わったのでよかったです。手術後の腫れ・内出血は、10日程続きました。特に気になる程ではなかったです。しかし1ヵ月程経過し、少し希望と違うので、再度施術を希望しています。

眉のラインが変わるので注意

眉下切開を受けましたが、やはり切開する分、内出血・傷跡は気になる状態でした。現在1ヶ月経過したところです。最近やっと落ち着いてきました。やはり、1ヶ月は必要だと感じました。一つ感じたのは、眉の形が多少なりとも変わることです。アーチのラインが少し変わります。その為、アイブロウでのメイクが変わりました。

眉下切開(眉下リフト)が受けられる
人気の美容外科・クリニック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックHPキャプチャ

画像引用元:聖心美容クリニック(https://www.biyougeka.com)

93年に誕生した美の総合クリニック

札幌から福岡まで日本国内の主要都市に9院を構えるだけでなく、上海にも医院を持つ聖心美容クリニック。1993年に福岡で誕生し、2014年には聖心美容外科から聖心美容クリニックへと名前を変更。聖心美容クリニックに行けば何でも受けられるをモットーにし、美の総合クリニックとして揺るぎない地位を確立しています。

大塚美容形成外科

大塚美容形成外科HPキャプチャ

画像引用元:大塚美容形成外科(https://www.otsuka-biyo.co.jp)

最小の技術で最大の効果を

東京の大塚にある本院を筆頭に全国に6つのクリニックを構える大塚美容整形外科。美のプロフェッショナルとして有名テレビ番組に全面協力するなど、美容整形業界に大きな影響をもたらした取り組みでも知られています。「最小の技術で最大の効果を」モットーに、個人の悩みに合わせた様々なプランを提供してくれます。

もとび美容外科クリニック

もとび美容外科クリニックHPキャプチャ

画像引用元:もとび美容外科クリニック(http://www.motobi.jp)

本来の目もとを取り戻す

加齢によって失ってしまった若々しい目もとも、もとび美容外科なら取り戻すことができます。「もとび」というのは「本来の美しさ=本美(もとび)」のこと。患者さんがかつての美しさを取り戻すためのさまざなアンチエイジング施術を取り扱っています。新宿駅西口からもほど近く、アクセスがしやすいのも魅力です。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

ページの先頭へ
このページの
TOPに戻る