目の下の脱脂術の特徴を詳しく紹介!

サイトマップ

切らないフェイスリフト編

目の下の脱脂術

気になる目の下のたるみを一発解決!

老け顔や疲れ顔の原因である、目の下のたるみやそれに伴う影クマ。これらを解消することで目元が若返り、顔全体の印象も若々しく変化します。最近は周囲に気づかれない目の下の脱脂術も確立され、より挑戦しやすい施術となりました。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

目の下の脱脂術の特徴は?

すっきりとした目もとで若々しい顔を取り戻す!

目の下のたるみ取りには多数の種類が存在します。ここでは切らないで行う目の下の脱脂術について解説します。目の下の垂れ下がった脂肪を取り除いてたるみと影クマを除去する方法として、まぶたの裏側から脂肪を取り出す「経結膜脱脂術」という方法があります。
脱脂術には、下まつ毛の生え際などの目立たない部位を切開して脂肪を除去し、縫合するという方法もありますが、そうした表側から行う施術は、顔の表側の皮膚に傷跡がついてしまいます。その点、経結膜脱脂術は傷が顔の表からはわからないため、経結膜脱脂術を採用しているクリニックが増えています。
経結膜脱脂は、下まぶたの裏側にメスや出血が出ない高周波レーザーメスを使用して小さな穴を開け、そこから脱脂を行います。ものの数十分で施術は完了し、たるみのない目元に生まれ変わることができます。一度脂肪を除去してしまえばその効果は半永久的です。
目の下のたるみや影クマが消えることで、老け顔や疲れ顔が解消され、一気に若々しい印象の顔になることができます。

目の下の脱脂術の一般的な施術の流れ

まずはカウンセリングによって施術内容や、施術によってなりたいイメージを確認します。目の下の脱脂術にはまぶたの裏側(結膜側)から行う施術方法と表側から行なう施術方法があります。裏側から行なう「経結膜脱脂術」の場合は、下まぶたを裏返して麻酔を打ち(点眼麻酔や局所麻酔)、メスか高周波レーザーメスで結膜を切開、8〜10mm程度の小さな穴を開けます。眼窩脂肪は3つに分かれているため、3か所の状態を細かくチェックしながら眼窩脂肪をそれぞれ適量除去していきます。表側から行う場合は、下まつ毛の生え際を切開して眼窩脂肪を除去します。施術時間は両目で約30分〜45分程度です。

目の下の脱脂術の
効果と持続時間

切らない脱脂術である経結膜脱脂術は、1度治療すれば効果は半永久的に続きます。さらに効果は即効で術後すぐから体感でき、さらに傷が表からは見えませんので、周囲に気づかれにくいのも特徴です。ただし加齢に伴って再び目の下に膨らみができることがあるので、その際には同じような処置を行なう必要もあります。

目の下の脱脂術の
ダウンタイム

施術後には2〜3日程度軽い痛みが起こることがあります。腫れなども起こる場合がありますが、ほとんどは数日程度で収まり、日常生活に支障をきたすほどではありません。アイメイクは翌日頃から可能です。術後の通院の必要は基本的にはありません。ダウンタイムが短くて済むため、会社や学校が忙しい方でも受けやすいことが特徴です。

目の下の脱脂術の
料金・費用相場

経結膜脱脂術のみで約30万円前後が費用相場です。ただし経結膜脱脂術のみだと、脱脂後のあまった皮膚のたるみやへこみが目立つ場合がありますので、合わせて脂肪注入などの処置を行って見た目を整えるクリニックが多く、その場合はトータルで35〜50万程度が相場となります。

目の下の脱脂術の
リスク・デメリット

脂肪を切除しすぎてしまうと、目の下がへこんだようになってしまい、皮膚のたるみやクマが余計に目立ってしまいがちです。そのため、脱脂術のみで終わるのではなく、脂肪除去後のへこみや皮膚のたるみをカバーするための施術(脂肪注入等)を同時に受けることを、多くのクリニックが推奨しています。施術は細やかで脂肪の除去の加減が重要なので、目の下の脱脂の経験豊富なクリニックを選ぶ必要があります。

目の下の脱脂術体験談口コミ・評判

目の下のたるみが綺麗に消えて満足!

加齢とともに目の下がたるんできて一気に老けた印象になっていました。どうしてもこのたるみを取りたくて、いろいろと調べて脱脂術を受けました。もっと早く相談に行けばよかったと思えるほど、たった1日でたるみが綺麗さっぱり消え、老けた印象も和らいでおり、非常に満足できました。

たるみのない目元になって明るくなれた

目の下の膨らみのせいで目元に影ができ、暗い表情になっていたと思います。ずっとコンプレックスでしたが、長期休暇のタイミングで思い切って目の下のたるみ取りを受けました。その結果、目もとが変わるだけで自分でもかなり明るい顔になれたと思いました。本当にやってよかったです。

疲れ顔が劇的改善しました

普通にしていても「疲れてる?」とよく聞かれるくらい疲れ顔でした。それを解消するために目の下のたるみとクマを治療することにしました。目の近くの治療は怖かったですが、治療はあっけないほどすぐに終わりました。その上、治療後すぐにたるみがなくなっているのがわかり、とても嬉しかったです。疲れ顔が改善し、周囲からの評判もとても良いです。

たるみとクマがすっきり♪

営業職に就職することになったので、その前にたるみとクマをなんとかしようと美容外科に行きました。先生は丁寧に診断してくださり、施術中も優しく声をかけてくれたので、顔の施術でしたが怖くありませんでした。施術が終わったあとに鏡を見て、たるみとクマがすっきりなくなっているのを見て、嬉しくて泣いてしまいました!営業にも自信がもてて、最高です。

脱脂後に小ジワができた

目の下にあるたるみと膨らみがどうしても嫌で、思い切って脱脂してもらうことにしました。一度脂肪を除去してしまえば目の下が垂れてくることもないし、顔の印象も変わると思ったのです。実際、目の下の影がなくなるとそれだけで5歳若返ったような気がします。ただ、施術後目の下に小さなシワがいくつかできてしまいました。保湿すればある程度は改善するみたいです。

人によっては脂肪注入が必要になるかも

目の下に目立つ膨らみがあると、メイクで多少ごまかしても老け顔に見えてしまいます。どうせなら脂肪をきれいに取り去ってしまおうと思って、脱脂術を受けました。ただ、人によっては脂肪を取り過ぎると目の下がくぼんでしまい、逆に見た目が悪くなってしまうこともあるみたいです。私の場合は取りすぎると微妙だったので、脂肪注入でほどよい膨らみに調整しました。

目の下の脱脂術が受けられる
人気の美容外科・クリニック

セオリークリニック

セオリークリニックHPキャプチャ

画像引用元:セオリークリニック(http://www.theory-clinic.com)

「切らないフェイスリフト」の人気院

セオリークリニックでは、ひとりひとり細かく違う肌の症状や肌質を丁寧に診断した上で、最適な施術メニューを提案するオーダーメイド治療を採用。また、豊富なフェイスリフト・美肌メニューと最新の美容医療マシンが揃い、高い効果を安全に提供することを重視しています。

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックHPキャプチャ

画像引用元:湘南美容外科クリニック(http://www.s-b-c.net)

安心できる保証制度が充実

SBCメディカルグループとして全国に現在72ものクリニックを展開する湘南美容外科。1年間の来院者数は100万人以上を誇る、日本有数の美容整形の総合クリニックです。豊富な美肌治療メニューが安価な設定で取り揃い、安心の保証制度も導入しています。

もとび美容外科クリニック

もとび美容外科クリニックHPキャプチャ

画像引用元:もとび美容外科クリニック(http://www.motobi.jp)

本来の目元を取り戻す

加齢によって失ってしまった若々しい目元も、もとび美容外科なら取り戻すことができます。「もとび」というのは「本来の美しさ=本美(もとび)」のこと。患者さんがかつての美しさを取り戻すためのさまざなアンチエイジング施術を取り扱っているクリニックです。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

ページの先頭へ
このページの
TOPに戻る