男もフェイスリフトで綺麗に!イマドキ美容事情を解説

サイトマップ

TOP » そこが知りたいフェイスリフトアップの基礎知識 » 男性のフェイスリフト事情、美容意識の変化

そこが知りたいフェイスリフトアップの基礎知識

男性のフェイスリフト事情、美容意識の変化とは?

男も美しくありたい!メンズスキンケア商品・メンズクリニックが増加中

近年、男性であっても自分の見た目に気を配ることは必要であり、普通のことという考えが広まりつつあり、男性用化粧品やメンズ専門の美容クリニックも増えてきています。その中で、フェイスリフトという美容整形が、男性にも人気になってきています。男性のフェイスリフト事情と、男性の美容意識の変化について見ていきましょう。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

フェイスリフトの施術法を紹介

フェイスリフトは、おもに30代以上の男性に支持されている効果的な若返り方法です。

年齢が隠せない頬や首周り、額、目尻の下がりなど、顔のシワやたるみが原因で起こる顔の悩みを解消し、若々しいハリを持つ綺麗な顔を生み出す施術です。フェイスリフトには大きく分けて「切る」ものと「切らない」ものがありますので、両者の特徴を簡単にご紹介しましょう。

切るフェイスリフト「SMAS」とは

「切る」フェイスリフトの代表格は、SMAS(スマッス)と呼ばれるものです。SMASとは、「Superficial Musculo Aponeurotic System」の略で、顔の皮膚の下にある表在性筋膜のことを指しています。従来のフェイスリフトは顔の皮膚を引っ張り上げるだけのものが多く、ほとんど効果がないばかりか、他の部分の皮膚や耳を引っ張られてしまう、傷跡が目立つなど多くの難点を抱えていました。

しかしSMASによって、傷跡が目立たないのに効果が半永久的に持続するフェイスリフト施術が可能になったのです。

顔のシワやたるみを取り除くための手術を総称してフェイスリフトと呼びますが、SMASフェイスリフトでは、表在性筋膜を構成する帽状腱膜(頭部)、前頭筋(おでこ)、浅側頭筋膜(こめかみ)、広頚筋(首)のうち、患者の悩みがどの部位にあるのかに応じて施術します。

例えば、おでこのシワに悩む人には「前頭リフト」が適しています。

これは、額の髪の毛の生え際を切開し、余分な皮膚を切除することでシワを取り除く施術方法です。施術後の腫れも少なく傷も目立たないので、仕事で忙しいビジネスマンにも安心ですね。

目元のたるみやシワには「こめかみリフト」という施術方法があります。こめかみから頬の上部のたるみを引き上げる方法です。側頭部の頭髪内を切開する施術なので、顔に傷が残る心配がないという点が良いですね。

頬のたるみや首のシワに悩む人には「ネック・フェイスリフト」が適用できます。

耳の前から後ろにかけて切開し、たるみを取り除きながら引き上げます。こちらは加齢によるフェイスラインのたるみやほうれい線の悩み、口角のたるみにも効果的です。

切らないフェイスリフトとは

フェイスリフトには、顔を切らないで施術できるものもあります。おもな方法は、柔らかく細い糸を入れることでたるみが生じている部分を引き上げるというものです。糸は1~2年で身体に吸収されますし、異物感もないので安心です。その代わり、リフトアップ効果も1~2年で薄れてしまうのが難点でしょう。

フェイスリフトはしたいけどメスを入れるのには抵抗がある、周りにバレるのが恐い、とりあえずフェイスリフトでどんな顔になれるのか試してみたいという男性は、切らないフェイスリフトから始めてみるのも良いでしょう。

フェイスリフトを体験した男性の声を紹介

実際にフェイスリフトを体験した2人の男性の声をご紹介しましょう。

「私はほうれい線が目立ちやすい顔で、まだ30代前半なのに周囲からおっさんだと言われたり、合コンでも40代に間違われる日々でした。ある日知人から男性向けの整形があると聞いて、もう落ち込むのは嫌だと思い糸リフトを受けました。今は実際の年齢よりも若く思われることが多く、合コンでも積極的になれていますし、もっとはやく施術をしておけばよかったなと思いました」(30代男性)

「簡単なスポーツなら楽々できる60代ですが、顔が老けているせいで年寄りだと思われることが多く、電車やバスの中でもシルバーシートを譲られるのが常でした。今回フェイスリフトを受けようと思ったのは、以前から美容医療に興味があった家内の影響です。近年ではフェイスリフトをする男性も多いらしく、「男性も受けられるのか?」とちょっと不安でしたが、顔のしわやたるみなどがなくなって満足しています」(60代男性)

女性も男性のフェイスリフトに寛容になってきている

男性がフェイスリフトなどのいわゆる「整形」をすることについて、女性はどのように思っているのでしょうか?20~30代の独身女性の声をいくつか紹介します。

  • 「いじめられる人、家に閉じこもっちゃう人、たくさんいるけど、そんな人達が自信を持って輝けるならあり!」(女性/30代前半/東京都)
  • 「コンプレックスで内気になるよりはいいと思います(^-^)」(女性/30代前半/東京都)
  • 「その人の人生が明るくなるなら」(女性/30代前半/千葉県)
  • 「見た目の第一印象がその後の関係を左右するから。」(女性/20代半ば/兵庫県)
  • 「人それぞれだと思う。変えたければ否定はしません。」(女性/20代半ば/千葉県)
  • 「しなくてもいいと思うけど、やりたいと思う人はそれなりの理由があるだろうから、絶対ダメとは思わない。」(女性/30代半ば/新潟県)

引用元URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000005816.html

整形をタブー視する声もありますが、このような女性の意見を見ても分かる通り、時代の移り変わりとともに整形に対する意識も少しずつ寛容になってきているようです。特に、垂れた頬や顔のシワがコンプレックスで人と会うのが億劫、という男性であれば、フェイスリフトによってその悩みがスッキリ解決され、明るい自分に生まれ変わることができるかもしれません。

高まりつつある男性の美容意識

近年、美容意識の高い男性が増えてきています。従来は、男性が美容に気を遣うことは考えにくいことでした。もちろんいつの時代にも美意識の高い男性はいましたが、「男のくせに」という目を向けられることも多かったことでしょう。しかし、現代ではそのような考え方はもはや時代遅れといえます。

男性にとっても、自分の見た目に気を配ることは重要なことなのです。

男性の美容に関するプロのコメントを紹介

大手化粧品メーカー「資生堂」のビューティートップスペシャリスト(男性)は、男性の美容について次のようにコメントしています。

「男性にとっての美容というのは、ひとことで言うと「自分を磨く」ということです。技術や仕事のスキルのように、肌も磨いていく。たとえば靴を磨けば磨くほど愛着がわくのと同じで、自分の肌を磨くということは自分自身を大切にすることにつながります。見た目にはその人の生き方が表れますから、周りからはキチンとした生活を送っている人だと見られ、ビジネスシーンでも良い形で仕事ができたり、対人関係までうまく回ったりすることだってあるはずです。」

引用元URL:http://www.shiseido.co.jp/cms/onlineshop/campaign/b/mens/

ビジネスマンの男性でもそうでない男性でも、自分の家や車、服、カバンなど、他人の目につく持ち物は可能な範囲内で綺麗に整えておきたい、と思うのが自然ですよね。いつも雑草が伸びっぱなしでゴミも散乱している家、砂ぼこりだらけの車、ヨレヨレの服やすりきれたカバンの所有者のことを、信頼に足るきちんとした人物だとは思えないのではないでしょうか?

顔というのは、いつどんな時でも、どんなシーンであっても、必ず周りの人に見られるものです。特にビジネスの世界で生きる男性にとっては、身だしなみと同じくらい、「顔」が与える第一印象は大きいと言えるでしょう。

現代人男性の美容に関する意識は?

では実際に、一般の男性が美容に関してどのような意識を持っているのか、2つのアンケート調査結果をもとに考えてみましょう。まずは、ビジネスパーソン意識調査「男性の美容意識」(※)というアンケート結果から、いくつかの回答結果を抜粋してご紹介します。

1.調査概要

調査方法 インターネット調査
調査地域 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
調査対象者 20~59才 男性ビジネスパーソン
調査期間 2015年2月25日(水)~2月27日(金)

2.「スキンケアやヘアケアに関心があるか」についての回答

  • どちらかといえばある 41.4%
  • どちらかといえばない 28.6%
  • ある 15.9%
  • ない 14.1%

スキンケア・ヘアケアに関心があると答えた男性は57.3%と半数以上で、男性美容の意識の高まりを把握することのできる回答結果です。

「関心がある・どちらかといえばある」という回答については年代が若くなるにつれて割合が高くなる傾向にあり、20代男性では64.5%がこのように答えています。

3.「自分の見た目年齢についてどう思うか」についての回答

  • 実年齢より若く、年下に見える 39.9%
  • 実際の年齢相応に見える 27.5%
  • 実年齢より老けて、年上に見える 16.6%
  • 気にしたことがない 12.1%
  • わからない 3.9%

「実年齢より若く見える」という回答が4割、「実年齢相応に見える」という回答も3割近くに上っており、約7割の男性が自分の見た目に関心を持ち、評価していることが分かります。

ちなみに、「実年齢より若く見える」と回答した男性は、どの年代でもその割合が多い結果となりました。見た目に関する意識は、年代で大きく変わるわけでもないようですね。

※参考URL:https://www.intage.co.jp/library/20150325/

現代人男性の化粧品に関する関心は?

では次に、男性の化粧品購入の実態を見てみましょう。「男性の化粧品購入の実態と美容に関する意識調査」(※)というアンケート結果から、いくつかの回答結果を抜粋してご紹介します。

1.調査概要

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象者 SCI-personalモニターの男性
調査期間 2012年5月11日(金)~5月14日(月)

2.年代別スキンケア化粧品購入状況

20~29歳  約60%が年間約2200円~2500円分を購入
30~39歳  約50%が年間約1500円~2000円分を購入
40~49歳  約45%が年間約1500円~1700円分を購入
50~59歳  約35%が年間約1500円~1800円分を購入
60歳以上  約30%が年間約1800円~2000円分を購入

年代別のスキンケア化粧品購入状況では、20代の購入率や購入金額が最も高く、20代男性の美容に対する意識の高さを表す結果になったといえるかもしれません。

年代が上がるにつれて金額が低くなる傾向が見られますが、40代を過ぎると、購入金額は少し高くなっているようです。こちらはエイジングケアの必要性を感じている男性が増えていることの表れなのかもしれませんね。

3.「どのような化粧品を購入しているか」についての回答

年間購入金額
2000円未満 洗顔料59.0%・メンズスキンケア19.2%・化粧水10.3%・栄養クリーム2.2%・パック2.7%
2000円~5000円 洗顔料47.5%・メンズスキンケア22.3%・化粧水15.0%・栄養クリーム4.5%・パック3.0%・美容液1.9%
5000円以上 洗顔料30.1%・化粧水21.0%・美容液15.0%・メンズスキンケア11.3%・栄養クリーム9.6%・乳液8.0%・パック3.0%

年間購入金額が低いほど、洗顔料の購入割合が高くなっているようです。一方、年間購入金額が5000円を超える男性は、化粧水やメンズスキンケアだけでなく、美容液や栄養クリーム、パックなどで女性顔負けのケアをしていることも分かります。またメンズスキンケアの商品に縛られず、女性用として市販されている化粧品も視野に入れて購入している可能性があることも伺えます。

※参考URL:https://www.intage.co.jp/library/20120607/

以上、年代別の関心の度合いや悩みの種類は多少異なるものの、世間一般的に見ても美容に少なからず関心を持っている男性が増えていることが分かるアンケート結果でした。

まとめ

会社であれ私生活であれ、見た目を気にするのは女性だけという時代はすでに終わっているようです。美容医療に興味があるけど…という男性のみなさんには、背中を押せるデータではないでしょうか。是非勇気を出して一歩踏み出しましょう!

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

ページの先頭へ
このページの
TOPに戻る