フェイスリフトアップの疑問を解決!

サイトマップ

TOP » そこが知りたいフェイスリフトアップの基礎知識

そこが知りたい
フェイスリフトアップの基礎知識

フェイスリフトアップの疑問を一挙解決!

フェイスリフトアップに興味があるけれど、顔に行う施術だからこそ何かと多くの不安がつきまとうもの。ここではフェイスリフトアップの基礎知識をご紹介。初歩的な知識でも知っておくだけで不安はかなり解消するのではないでしょうか。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

美容整形術『フェイスリフト』とは?

顔のしわ・たるみを解消してアンチエイジング!

フェイスリフトとは主に、頬まわりのたるみやほうれい線などを施術によって取り除くアンチエイジング法のこと。施術にもよりますが、見た目の印象が平均して5〜10歳近くも若返るとされており、これまでに多くの実績と効果をもたらす方法として有名です。たるみを解消するだけでなく、顔つきまですっきりと見せてくれます。嬉しい二次効果(肌にハリや潤いが生まれる)をもたらす施術や切らないで済む施術も多数あります。

フェイスリフトの効果が知りたい!

年齢を感じさせない若々しい顔へ!

顔に目立つたるみや深く刻まれたほうれい線があると、どうしても実年齢よりも老けて見られてしまいがちです。そんな老化の原因ともいえる顔のたるみやシワを解消することで、見た目はぐっと若返ります。たるみをなくすことで表情が若く見えるだけでなく、活気あふれる雰囲気も生まれ、顔つきだけでなく全体の印象そのものが若く見られるようになります。ここではフェイスリフトアップで得られる主な効果について紹介します!

フェイスリフトの値段って?

得たい効果の度合いや外せない要望によって比較して

フェイスリフトアップの中でもいちばん安価に設定されていることが多い注射による施術は、注入する素材によっても異なりますが、おおよそのプライスゾーンは5万円から20万円が相場。次に美容機器を用いるマシン施術は30〜60万円前後。糸を用いるスレッドリフトはかなり違いがあり30〜60万円前後が相場です。メスを用いるフェイスリフトは50万円から100万円前後、内容によっては100万円を超えるケースも数多くあります。

フェイスリフトは名医に担当してもらおう

フェイスリフトを行えば若々しい印象を作ることができるのですが、どの医師が担当したとしても同じ仕上がりになるわけではありません。当然ながら技術力が高く、実績も豊富な医師の方が自分にとって理想的な状態に導いてくれるでしょう。

そのため、医師選びは慎重に行いたいところ。フェイスリフトでは顔のしわを取り除くことができるわけですが、実力が不足している医師が担当した場合などは十分にしわを取り除くことができなかったり、不自然な仕上がりになったりしてしまうリスクもあります。

術の費用は安いものではないため、高い費用を支払って失敗してしまったら大変です。

実際に、フェイスリフトを受けたものの思っていたような変化が実感できず、「せっかくお金をかけて施術をしたのにこんなもんか…」と、残念に思っている方も少なくありません。名医が担当してくれれば見違えるような変化も期待できるので、納得のいく結果で終えるためにもきちんと医師を比較しましょう。

また、フェイスリフトといってもいくつかの種類があり、その人の希望や状態によって最適なものは変わってきます。実力のある医師ならば正しいものを選択することができますが、このあたりも経験不足の医師では最適なものが選択できず、満足度に差が出てしまうのです。

そのほかにも、費用が安いものや施術によっては、すぐに後戻りをしてしまうものも中にはありますが、そういったリスクやデメリットを十分に説明せずに治療を勧める医者もいます。

名医と呼ばれるような人であればそういったことはしないので、本当に信頼できる医師を探すことが重要だといえるでしょう。実績のある医師を探すためには、まずは施術者の施術自責を確認することが大切。

フェイスリフトは全国的に行われている数も多く、安全性の高い施術です。ですが、手術である以上、リスクが全くないわけではありません。

このリスクを減らす上で欠かせないのが、施術者の実績なのです。

他にも、

  • ・カウンセリングが丁寧
  • ・きちんと悩み相談に乗ってくれる
  • ・アフターフォローがしっかりしている

なども名医・クリニック探しのポイントとして探してみてください。

こちらでは実績豊富で安心できる医師についてご紹介しています。

フェイスリフトでよくある失敗は?

ひきつり感が解消されないなど、困った失敗例も……

絶対安心の施術などないように、フェイスリフトアップ施術にも失敗するケースがあります。例えば、糸でリフトアップ効果を生み出すスレッドリフトでは、術後に顔のひきつり感が解消されないというケースが多くあるようです。これは皮膚を引き上げる強さに由来するものや、糸の強度や種類(コグの有無や溶解性等)なども原因となります。ほかにも糸が傷痕から飛び出してきたリ、思ったより傷痕が目立ってしまうというケースも……。

フェイスリフトのダウンタイムを教えて!

ダウンタイムは施術によって大きく違う

フェイスリフトアップ施術には様々な種類があります。メスを用いる「切る」フェイスリフトの場合、実際に皮膚を切開するため、どうしてもダウンタイムは長めとなります。一方の「切らない」フェイスリフトは一般的にダウンタイムが短めで、多くの場合入院を必要とせずに日帰りすることが可能。中には術後すぐにメイクすることができ、施術当日から洗顔もOKというケースもあります。フェイスリフト施術別のダウンタイムを紹介。

「もしかしてフェイスリフト?」な芸能人

ハリウッドセレブだけでなく日本の芸能人にも多い!?

世界を見渡すと、自ら美容整形をカミングアウトしたり、インタビューでそれらしい(美容整形)発言を匂わせる芸能人やセレブは意外と少なくありません。近年では日本でも美容整形をしたことを告白している芸能人も多数。このようなカミングアウトは、最近の美容整形に対する世間の認識がずいぶんと寛容になっていることの顕われともいえるでしょう。ここではフェイスリフトと芸能人の気になる関係を紹介していきます。

フェイスリフトの人気&最新メニューは?

次々と新しい技術が導入されるフェイスリフトアップ

フェイスリフト界は最新技術が導入された施術が次々と発表されています。スレッドリフトの糸につくコグ(トゲ)のつけ方を工夫したものや、体内に吸収されて溶ける期間を長くすることで持続性を高めたもの、内出血を防ぐために針を工夫したもの……。高周波による熱エネルギーを用いるマシン施術でも、より効果を高めるために肌の奥層まで届くものが開発されるなど、新フェイスリフトアップ施術が続々と誕生しています。

男性のフェイスリフト事情、美容意識の変化とは?

男も美しくありたい!メンズスキンケア商品・メンズクリニックが増加中

最近では、化粧品を使ってお肌のお手入れをする男性も増えてきましたよね。メンズ化粧品や男性のための美容クリニックも珍しくなくなっています。この記事では、男性のフェイスリフト施術に対する女性のリアルな意見や、データから見る男性の美容意識の現状、フェイスリフト施術の具体例や実際にフェイスリフト施術を受けた男性の体験談などを紹介しています。

整形したとばれないフェイスリフト手術方法とは?

手術バレの原因である腫れや赤み、傷跡、大きすぎる変化を抑えられる方法を選ぶことが重要

フェイスリフトアップのことをもっと知りたい!

フェイスリフトアップのQ&A

フェイスリフトアップは、年齢とともにたるんできた頰、首周り、目の周りなど顔全体を引き上げる、アンチエイジングの代表的な手術ともいえます。違和感を持たれることなく、若々しいハリに満ちた肌を手に入れることができるというわけです。フェスリフトアップのことをもっといろいろな側面から見ていきましょう!

フェイスリフトを受ける前に基礎知識のおさらい

フェイスリフトには切らないフェイスリフトと切るフェイスリフトの2種類があります。切らないフェイスリフトとは、その名の通りメスを使わない施術が可能です。

レーザーや超音波、高周波などを用いた施術が代表的となっており、傷跡の心配がありません。スレッドリフト、フェザーリフト、3Dリフトなどの方法があります。

一方で切るフェイスリフトではメスを使って一部を切開し、施術を行う外科的手術のこと。トータルフェイスリフト、ミニリフト(チークリフト)、眉下切開(眉下リフト)などが用意されています。

効果的なのは切るフェイスリフトではありますが、状態によっては切らないフェイスリフトでも大きな変化が期待できるため、医師に相談してみてください。

また、どの部位のしわを改善したいのかによって最適なフェイスリフトの方法も変わってきます。いろいろな選択肢があるので、このあたりも医師に相談し、納得いく結果が出せるようにしましょう。

フェイスリフトでできるのは、しわを目立たなくすることだけではありません。例えば、顔のたるみを取り去ったり、肌のハリツヤを良くしたりすることも可能となっているので、まずは自分がフェイスリフトになにを望んでいるのかから考えてみてくださいね。 こちらのページではフェイスリフトに関する基礎的な情報についてまとめているので、気になる方は参考にしてみてください。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

ページの先頭へ
このページの
TOPに戻る