フェイスリフトで頬(ほほ)のたるみを改善!

サイトマップ

部位×フェイスリフト おすすめ組み合わせ 徹底紹介!

(ほほ)

たるみ治療をするなら、まず頬のたるみから

加齢によって頬がたるんでくると、どうしても老けた顔に見られがち。逆に言えば、頬のたるみを解消するだけでぐっと若々しい印象になれます。頬のたるみはほうれい線の原因にもなるため、たるみ治療を検討するのであれば、最初に考えたいポイントです。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

頬(ほほ)×フェイスリフトの代表的な施術

スレッドリフト

スレッド(糸)を用いる一番人気のフェイスリフト

スレッドリフトとは、特殊なスレッド(糸)を皮下に挿入して頬のたるみをリフトアップするフェイスリフトのこと。メスを使わないことから「切らない」フェイスリフトとも呼ばれています。様々ある「切らない」フェイスリフトの中でもとくに人気のある施術です。
スレッドリフトは糸の種類(形状)によって名前が異なり、効果も少しずつ違います。皮膚を引き上げるために糸には“コグ”と呼ばれるトゲ状の突起がついており、これを皮膚の中に挿入して肌を持ち上げ、たるみを解消します。糸は体内で溶けるものと溶けないものがありますが、最近のスレッドリフトは溶ける糸を使うものが主流となっています。

料金の目安…一本あたり約6~7万円程度

メリットは?

スレッドリフトのメリットは、メスで切開する必要がない「切らない」フェイスリフトのため、傷跡が残りにくく、ダウンタイムも短いこと。糸を挿入する際に先端の針で小さな傷をつけることがありますが、髪の生え際などから挿入するのでほとんどの場合、傷跡は分かりません。切開系のフェイスリフトよりも価格が安く、より自然な引き上げ効果が期待でき、周囲に整形バレもしづらいことから、気軽に施術を受けることができます。

注意点は?

スレッドリフトはメスを用いる切開系のフェイスリフトに比べると、劇的な変化は期待できません。顔全体に強いたるみが出ている場合や、くっきりと深いシワなどが出ている場合には、リフトアップ効果が満足に出ない場合があります。また溶ける糸を用いるスレッドリフトは、糸が溶けて体内に吸収されることで自然と効果がなくなるため、半年程度で定期的に施術を受ける必要があります。

シルエットリフト

円錐状のコーンで頬のたるみを引き上げる

シルエットリフトとは、専用の針を用いて皮下に特殊な糸を挿入し、皮下組織を引き上げる糸治療です。挿入する糸のまわりに、トゲではなく円錐状になったコーンがついているのが特徴のスレッドリフトで、コーンを皮下組織にひっかけることによってたるみを引き上げ、リフトアップを実現します。
トゲよりも引き上げ効果が高く、トゲの根元が裂けてしまう「バナナピール現象」が発生しないため、引き上げ効果の持続性が高い施術と言われています。使用される糸に溶けるものと溶けないものがあるのはスレッドリフトと同じで、こちらも溶けない糸を用いるのが主流です。溶ける糸は、時間が経つとコーンも一緒に溶けて体内に吸収されます。

料金の目安…約20~40万程度

メリットは?

シルエットリフトは、数あるスレッド系リフトの中でもとくに引き上げ効果が高いと言われています。さらに糸を肌内に挿入することにより、糸の周りで体内コラーゲンやヒアルロン酸が増生され、美肌になれるメリットもあります。

注意点は?

シルエットリフトは「切らない」フェイスリフトですが、若干のダウンタイムはあります。多くは、数日間の腫れや赤み、1週間ほどは内出血が残ることもあります。また、シルエットリフトの糸は伸縮性がないため、突っ張り感やひきつれが起きる可能性があります。

リガメント法

じん帯を切断して行なうフェイスリフト

肌を骨に固定するために、リガメント(じん帯)と呼ばれる繊維組織があります。このリガメントは一定間隔で肌と骨の間にひっついているのですが、フェイスリフトを行なう際に、このリガメントが引き上げの邪魔をします。そこで耳のまわりにあるリガメントを切断することで引き上げ効果を高め、切断したリガメント自体をスレッドリフトのアンカーとして利用するのが、このリガメント法というものです。

料金の目安…約100万~200万円程度

メリットは?

骨と肌を固定しているリガメントがひっついたままだと、どんなにフェイスリフトでたるんだ頬を引き上げても元に戻ろうとする力が作用します。しかしリガメントを切断することでその力がなくなり、引き上げ効果が高まり、元に戻ろうとする現象が起きません。その結果、高い引き上げ効果と持続性を得ることができます。

注意点は?

じん帯を切断して行なうリガメント法は、皮膚をいちど剥がしてからじん帯を切断するので、比較的大がかりな手術を要します。そのため体への負担が大きく、全身麻酔を行う必要や、術後の腫れや痛みなどのダウンタイム期間も長くなります。施術時間も他の切らないフェイスリフトよりも長く、入院を必要とするクリニックも多いです。

頬(ほほ)のフェイスリフト体験談口コミ

頬のたるみがなくなって痩せてみえます♪

ブルドッグのようだった頬のたるみをなくしたいと思ってスレッドリフトを体験。実際に施術を受けてみるととても簡単で、術後はたるみがぐっと持ち上がり、痩せて見えるようになりました!

老け顔の原因だった顔のたるみが…

年相応に自分の顔が老けてきたとあきらめていましたが、口の横のたるみを取ることを娘に薦められました。顔を切るのは怖かったですが、今は昔の自分の顔に戻れて、気持ちも若返ったようです。

すっきりした表情に生まれ変わりました

頬まわりの肌がたるんでいると怒っているような表情に見られてしまいコンプレックスでした。頬のたるみがなくなることですっきりとした晴れ晴れしい顔になり、それに合わせあごのまわりもすっきりとした感じです。

20代に間違われるように!

鏡を見るたびに、たるみやほうれい線が気になって暗い気持ちになっていましたが、今では鏡を見るとつい微笑んでしまいます。「もっと早くやっておけばよかった」と思うぐらい、仕上がりがキレイです。傷は、どこにあるのかわからないぐらいです。30代ですが、20代に間違われることが多くなりました。

なんとなくは効果あり

カウンセリングでは、「顔の前面は無理に引っ張らず、側面をしっかり引き上げると、仕上がりが自然になる」というような説明を受けました。術後ははっきりした効果ではなく、なんとなく引き上がったような?感じです。自然な感じに仕上がるにはこのくらいがいいのか…とも思います。

糸の本数が少なかった…?

4年ほど前にもリフトアップを受け、その時も頬のヘコミが出てしまいました。今回その件を先生に相談していましたが、また同じ様な結果で残念です。スタッフや先生の対応、雰囲気はとても良いのですが、仕上がりにはあまり満足できませんでした。糸の本数をもう少し増やせば良かったのかなと思いました。

フェイスリフトの名医がいる
厳選おすすめ5院とは?

ページの先頭へ
このページの
TOPに戻る